HOME>製品情報>カーボンオフセットについて

カーボンオフセットについて

TimeP@CK-iCの、CO2マイナス活動!
簡単エコで、CO2を削減! カーボンオフセット

私たちの日常生活や経済活動で排出されるCO2等の温室効果ガス排出は、日々の暮らしを見直すことで減らすことができます。例えば、夏場のエアコン設定温度を高めにしたり、使っていない部屋の照明を消すことで電気の使用量が減り、CO2排出量を削減できます。しかし、このような努力をしても、どうしてもCO2は発生してしまいます。この発生するCO2を、別の場所で実施されている様々な温室効果ガス削減活動から生み出されたCO2排出削減クレジット(排出権)を使用して、自らが排出したCO2を相殺する活動をカーボンオフセットといいます。


TimeP@CK-iCの、CO2マイナス活動!

「TimeP@CK-iC」では、毎日の出退勤時刻を打刻する「ICカード(iC P@CKカード)」一枚一枚に、2kg-CO2のカーボンオフセット権利をつけることで、「TimeP@CK-iC」をご使用いただいているお客様に代わって、アマノがCO2排出の一部を相殺(オフセット)します。
「TimeP@CK-iC」をご使用いただいている会社の従業員のみなさんが身につける「iC P@CKカード」。その一枚一枚が、CO2マイナス活動(エコ活動)の証です。
「ICカード(iC P@CKカード)」で、環境貢献活動に参加する、そして考える。身につける、そして、毎日使うだけの簡単エコ活動。「TimeP@CK-iC」は、ご利用いただく企業様のCO2の削減活動を応援いたします。
TimeP@CK-iCのCO2マイナス活動が、より多くの企業様が低炭素型経営へシフトしていただけるきっかけとなることを願っております。




カーボンオフセットってなに?

日常生活や経済活動において避けることができないCO2等の温室効果ガスの排出について、 別の場所で実施されている様々な温室効果ガス削減活動に協力することで、自ら排出したCO2(=カーボン)を相殺(=オフセット)しようという活動です。
アマノでは、2012年以降のカーボンオフセットについて、日本国内における温室効果ガス削減事業を応援するために、経済産業省が主管している国内クレジット制度で認証されたCO2排出権を用いて実施することとしました。
この排出権については国内クレジット制度の管理口座へ償却移転(無償譲渡)し無効化を行うことで、日本の削減数値に貢献しています。
また以前は、世界各地で実施されている国連が定めた認証機関で認証されたCDM(クリーン開発メカニズム:Clean Development Mechanism)プロジェクトから創出されるCO2排出削減クレジット(CER:Certified Emission Reduction)を第三者機関を通じて購入し、日本政府の排出権管理口座に償却移転(無償譲渡)し無効化することで、オフセットを実施いたしました。
譲渡された排出権は日本の削減分としてカウントされています。


タイムレコーダーは、どのくらいのCO2を排出するの?

ICタイムレコーダーは、使用時に電力を消費します。電力は、電力会社で発電する時にCO2を排出していますので、ICタイムレコーダーを使用すると間接的にCO2を排出していることになります。アマノでは、環境省が定める二酸化炭素排出係数(他人から供給された電気の使用に伴う排出係数)を用いてCO2換算を実施しました。

【TimeP@CK-iC ICタイムレコーダーのCO2排出量】
消費電力(0.002kWh) × 24時間 × 365日 × 排出係数(0.555)= 9.72kg-CO2
年間CO2排出量(9.72kg) × ICタイムレコーダー耐用年数(5年)=48.6kg-CO2


どのくらいオフセットするの?

ICタイムレコーダーのCO2排出量を、同程度機能のタイムレコーダー1台での使用人数(当社調べ)から試算して、「ICカード(iC P@CKカード)」一枚あたり、2kgのCO2排出量(=オフセット量)としました。
2kg-CO2(iC P@CKカード一枚あたりのオフセット量) × 25枚(使用人数)= 50kg-CO2
50kg-CO2>48.6kg-CO2(TimeP@CK-iCタイムレコーダーのCO2排出量)


カーボンオフセットの費用は誰が負担するの?

CO2カーボンオフセットに使用するCO2排出削減クレジット(排出権)費用は、お客様に代わって、アマノが調達・購入します。お客様は、商品(TimeP@CK-iC、iC P@CKカード)をご購入・ご利用いただくことで、CO2削減活動に貢献できることになります。


どこから排出権を購入するの?

カーボンオフセットプロバイダを通じて購入します。

・プロバイダ:株式会社カーボントレード
・プロジェクト名:工場部品製造工場における省電力事業
・国内クレジット削減事業番号0965

(過去の購入排出権)
・プロバイダ:株式会社カーボントレード
・プロジェクト名:広島県内ホテルにおける電気温水器を高効率ヒートポンプ給湯器へ更新することで省エネを図る事業
・国内クレジット削減事業番号1073
・プロバイダ:株式会社カーボントレード
・プロジェクト名:インドタミルナドゥ州における468MW 風力発電プロジェクト
・国連CDM理事会承認番号0991


・プロバイダ:株式会社カーボントレード
・プロジェクト名:インドマハラシュトラ州における4.2MW風力発電プロジェクト
・国連CDM理事会承認番号0800

・プロバイダ:株式会社カーボントレード
・プロジェクト名:千葉県内の外食チェーン店における照明施設のLED化
・国内クレジット削減事業番号1010

・プロバイダ:株式会社カーボントレード
・プロジェクト名:温泉施設におけるバイオマスボイラー導入
・国内クレジット削減事業番号0987

・プロバイダ:株式会社カーボントレード
・プロジェクト名:病院・介護老人保健施設におけるインバータ制御
・国内クレジット削減事業番号0732

・プロバイダ:株式会社カーボントレード
・プロジェクト名:ゴルフ場温泉施設におけるヒートポンプ導入
・国内クレジット削減事業番号1063


ページのTOPへ